みやぞんは在日韓国人?出身中学&高校は?

芸能人のゴシップニュースをまとめているいがちゃんです。

今日のテーマはみやぞんは在日韓国人?出身中学&高校は?です。

ANZEN漫才のみやぞんが着実に知名度を上げてきている。

じわじわと人気が出てきていて2017年のブレイク芸人の筆頭と言えるでしょうね。

メープル超合金の次にブレイクする芸人として注目されていて先輩芸人からも人気があります。

いじりやすいんでしょうね。

ANZEN漫才でみやぞんはボケを担当しています。

相方はあらぽん。

芸歴は意外に長く7年。

「さんまのお笑い向上委員会」「とんねるずのみなさんのおかげでした」「世界の果てまでイッテQ!」で安定した笑いを繰り出していますから先輩芸人たちも一目置く存在になっていますよね。




 

出身中学&高校は?

みやぞんの出身中学は何という中学高かは分かりませんが、足立区出身ですのでその辺りの中学でしょう。

中学の時はテニス部に所属。

テニスっていうのはちょっと衝撃だなぁ(笑)

イメージじゃないですよね。

中学の卒アルには将来の夢として漫才コンビかバンドで有名になるか獣医になるという夢を語っていますね。

獣医は学力的に無理だと思いますが他の漫才コンビとバンドというところはほぼ夢が現実化していますよね。

バンドで有名にはなっていませんがギターを弾きながらの歌ネタはもう確立された持ちネタになっていますからね。

漫才コンビという夢はすでにかなっています。

ギターは中学校2年の時に複雑骨折をした経験があるようなんですが、それがきっかけでギターを始めたそうです。

何で複雑骨折をしたかは不明ですが入院中よほど暇だったんでしょうね~

みやぞんは中学生の時には「裏番長」をやらされていたと語っています。

喧嘩はしたことはなかったのに「裏番長」だった。

みやぞんは小学校5年生から中学校3年生までキックボクシングをやっていてパンチ力が半端なくあった。

「しゃべくり007」に出演した時にもパンチングマシンがスタジオに出てきてみやぞんはパンチ力129キロを記録した。

「世界チャンピオンレベル」と表示されてましたね!

ちなみに原田泰造さんが107キロ、上田晋也さんが87キロでした。

他の番組ではパンチ力213キロでしたからマシーンによって計測値が違うんでしょうかね。

みやぞん曰く「中学の時の方がもっといってたと思う」

中学の時になぜ裏番長になっていたかというと地元のパンチングマシーンのベスト1に名前を常に残していたからだという。

当時番長と言われる悪たちがこぞってパンチングマシーンに記録を残すのが流行っていたらしいのですが、どの番長たちもみやぞんの記録を抜くことができなく「誰なんだこいつは?」ってことになり「裏番長」にされてしまったんだとか。

当時の中学の不良の格好はサイズの大きいパンツを腰ではく、いわゆる「腰パン」が流行っていたが、みやぞんはパンツをダボっとはくのが嫌だったからピタッとしたジャージを着ていてしかもジャージの上着をズボンに「イン」していたそうで
不良たちからは、アイツは隙が無い(笑)と思われていたという。

喧嘩に備えていつでもキックができるよう準備しているんだと勘違いされていた(笑)

みやぞんの出身高校は荒川商業高校です。

偏差値は40となっているのでし進学校ではなさそうですね。

都立の共学の高校で相方のあらぽんも同じ高校です。

みやぞんは小学校と高校で野球をやっています。

高校時代も野球部に所属していてエースで4番だったといいますからセンスの塊ですよね。

中学や高校でピッチャーで4番っていう人はそのチームで一番野球が上手い人ということですから。

球速は130キロは出していたみたいですね。

大学からスカウトもきていたらしいですが上下関係が嫌で断ったということですが・・・。

高校野球も上下関係はあると思うんですが(笑)

今の高校野球のレベルは昔と比べるとハイレベルになってきていますから130キロなんてざらにいて大谷翔平さんの高校時代の様に150キロ近い球速の高校球児もいるくらいですからね。

野球はプロを目指さなくて正解だったかもしれないですね。




 

ピアノと絶対音感

「しゃべくり007」では即興でピアノ演奏を披露していました。

初めての曲でもみやぞん自身が知っている曲であればピアノで弾けてしまうということで「耳コピ」が出来るということでみやぞんには絶対音感があるのでは?と言われています。

リクエストをされて「涙のキッス」「恋するフォーチュンクッキー」「アナと雪の女王」を即興でピアノ演奏。

おそらくリハーサルもしていないと思います。

なぜなら「アナと雪の女王」ではミスもかなりありましたから。

事前に曲名を知らされていた感じはしませんでしたね。

絶対音感を持ち合わせているんでしょうね。

ピアノを習ったこともないのに感覚で曲を弾けるなんてもしかして天才なのかもしれませんね~~

ピアノは少年劇団をやっていた先生のピアノ演奏を見よう見まねで弾いたら弾けちゃったみたいなので小さい時から絶対音感があったんでしょうね。

今でもピアノの譜面も理論も分からないみたいです。

みやぞんさんといったらやはり楽器というとギターのイメージがありますがギターもピアノと同じように独学だそうで楽しくいじっていたら弾けるようになったというからビックリですよね。

独学で弾けるようになってからギターの教本を見たら自分で探したコードがいくつも載っていた(笑)

これは完全に絶対音感が無ければできないことですよ。

しゃべくりではギターを背中で弾くといってギターを逆さにして背中で弾いましたね。

あれも凄い能力ですね。

よくロックのギタリストが背中で弾いたりしているのを見ますがエレキギターでしかも逆には持っていないです。

みやぞんはアコースティックギターでやっていますから間違いなくエレキよりは難しいと思います。

ギターの神様と言われているジミ・ヘンドリックスも背中で弾いたり、歯で弾いたりとうパフォーマンスをしてましたが背中弾きではみやぞんが一歩上をいったような気がします。

みやぞんは在日韓国人?

みやぞんが在日韓国人という噂がありますが、仮にそうだとしても不思議ではない。

顔が韓国人顔をしていますもん。

特に目ですかね。

一重で切れ長ですが韓国人には多いですよね。

実際にバラエティー番組「有吉チルドレン」に出演した時に自分が韓国人であることをカミングアウトしています。

高校時代に品川にある免許センターに免許を取りに行ったときに「外国人証明書」が足りないと窓口の係りの人に言われそこで初めて自分が韓国人だと知ったという。

これはショックでしょうね。

ただ18歳になるまで韓国人だと気がつかなかったみやぞんはやはりピュアで天然なのでしょうね。

ただ気がつかなかったのは複雑な家庭環境にも原因がある様です。

みやぞんの兄妹は5にんで姉が4人います。

4人のうち長女と次女が同じお父さん。

三女と四女が同じお父さん。

つまりここの時点でお父さんが二人存在します。

そしてみやぞんはこの二人のお父さんとも違うお父さんで合計3人のお父さんがいるという複雑さです。

3人もお父さんがいるなんて・・・お母さんもなかなかやりますね~~

そのお母さんの写真がこちら。

そんなにモテるような感じは見受けられませんが(笑)何か男性がほっとけないような魅力があるのでしょうね。

在日韓国人であるとう確証は本人のカミングアウトの他にもあります。

相方のあらぽんはみやぞんと幼なじみですが高校も同じ高校。

みやぞんのお弁当にはいつも「ちゃんじゃ」が入っていたとあらぽんも告白しています。

お母さんが韓国人なのかもしれませんし韓国人のお父さんの影響でお母さんも「ちゃんじゃ」が好きになったのか、どちらなのかは不明です。

女子高生人気NO.1

ダウンタウンの番組で女子高生が好きな芸人ランキングという検証で前回1位だったNON STYLEを蹴落として1位に輝いた、みやぞん。

番組独自のアンケートなので検証人数も300人なので完全なリサーチではないが3年前の2014年では女子高生300人中NON STYLEが45票を獲得して1位になっていた。

では3年が経った今、誰が一番女子高生に人気があるのかを再検証した結果何とみやぞんが41票を獲得して第一位に輝いた。

2位は35票でNON STYLE。

1位とは僅差なのでまだノンスタイル人気は衰えてはないですよね。

女子高生が、みやぞんを1位にした理由は、「超かわいくて大好き」「天然でかわいい」「しゃべり方がかわいい」ということだ。

どうやら「かわいい」ということがポイントみたいですね!!

オールバックのリーゼントで、ぱっと見はコワモテ風ですが、やはりあの笑顔としゃべり方のギャップにやられてしまうのでしょうか?

笑顔の理由

みやぞんはいつ見ても笑顔だという印象は皆さんもあるのではないでしょうか?

それには理由があるようだ。

みやぞんが「マイ神」と言って尊敬するくらい好きな役者がジャッキー・チェンだという。

確かにジャッキー・チェンはいつも笑顔でいる印象がありますよね。

意識しないとなかなか、あそこまでは笑顔になれないと思います。

みやぞんが足を複雑骨折をして入院していた時にジャッキー・チェンの映画を観たとたんに元気になり骨折も早く治ったことがありそれからジャッキーを崇拝するようになる。

ジャッキーの映画「ゴージャス」でジャッキーがヒロイン役に言われた言葉がある。

「笑ってないと気難しい感じ。だから負けたのよ。笑顔を忘れずに」という言葉だ。

このシーンに感動したみやぞんは「どんな時でも笑顔でいればどんなっことでも乗り越えられる」と思い、いつも笑っているようにしているんだとか。

いつも笑顔でいると「絶対、シュンってなんない」と語っていました。

お笑い芸人のみやぞんには、なお更大事なことですよね。

「元気があれば何でもできる」というアントニオ猪木さんの言葉も同じ内容ですよね。

アニマル浜口さんがよくやっている「ワッハッハ!ワッハッハ!」も同じですよね。

アニマル浜口さんは笑いをエスササイズにしていて「笑いビクス」なるものを娘の京子さんの為に考案しているほどで、レスリングの辛い練習の後に「笑うこと」を取り入れると脳が解放され楽しくなり辛かったことも最後に笑うことで楽しかったこととして脳にインプットされるらしい。

「ワッハッハワッハッハ」と笑うだけで自律神経のバランスを整えられるのだそうです。

一種の呼吸法ですね。

作り笑い、作り笑顔でも幸せホルモンが分泌されるんですね。

日常の生活においても大事なことですよね。

いがちゃんの見解

2017年のブレイク芸人は、ブルゾンちえみかみやぞんかと言ったところでしょうか。

それにしてもみやぞんの特技の多さには驚かされます。

キックボクシング・野球・ピアノ・ギター。

超のつく天然キャラですがこれだけの能力があるのに見た目がど派手な格好にスーパーリーゼントですからね。

そのギャップにみんなやられてしまいますよね。

現時点ではブルゾンさんの方が認知度が高いですけどみやぞんの方が長くいきそうな感じはしますね。

相方のあらぽんも面白いですからもっと露出度アップしてほしいなぁ。

今までみやぞんの位置にいたのが狩野英孝さんでした。

天然キャラ度でいったら狩野さんより上を行ってるんじゃないでしょうか?

ギターのテクもみやぞんの方が上だし。

狩野さんは6月から復帰しましたが完全にポジションをみやぞんに奪われてしまった形となっていますね。

どこまで伸びていくのか今後楽しみですね。




 

ということで今日のテーマはみやぞんは在日韓国人?出身中学&高校は?でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です