千葉ジェッツ富樫勇樹と田臥勇太どっちが天才?髪型が七三分けの理由

芸能人のゴシップニュースをまとめているいがちゃんです。

今日のテーマは千葉ジェッツ富樫勇樹と田臥勇太どっちが天才?髪型が七三分けの理由です。

いまBリーグが面白い!!

Bリーグとは日本男子バスケットボールリーグの通称です。

バスケットで天才と言えば日本人初のNBAプレーヤー田臥勇太さんを思い浮かべる人がいると思うのですが、千葉ジェッツにニューヒーローが現れた。




 

ガードの富樫勇樹さんです。

身長は167㎝でバスケットボール選手としてはかなり小柄な選手になりますが高速ドリブルとフローターシュートで超攻撃的ガードとして注目を集めている。

「スラムダンク」の宮城リョータを彷彿とさせるタイプのプレイヤーですね。

共通点はまず顔が似ている。イケメンですよね!!

攻撃的ガード。

髪型が個性的。

身長が同じくらい。宮城リョータは168㎝です。

これだけのスター性のある選手が出てくるとBリーグも盛り上がってきますよね。

富樫勇樹のフローターシュート

富樫選手の強みはやはりフローターシュートだと思います。

身長の低い選手なのでこのシュートが出来るという事は攻撃的ガードとしてかなり強力な武器になっています。

フローターシュートは小さい選手がカットインしてシュートを打つ前にボールをフワッと浮かせて大きな選手のブロックの上をいくシュートです。

カットインまでは出来たとしてもこの状態からボールを浮かせて入れるというのが難しい為非常に難易度の高い高等テクニックと言えるでしょう。

高速ドリブルでカットインしてフローターシュートが決まるととにかくカッコいいし会場の盛り上がり度がまるで違いますからね。

漫画「スラムダンク」で山王の沢北がやった「へなちょこシュート」がフローターシュートです。

桜木花道がふんわり浮かせた中途半端なシュートなので「へなちょこ」と名付けたあのシュートですね。

沢北は高校卒業後のアメリカに行く予定でしたからその前にこのシュートを習得していたんですね~。

富樫選手は小学4年生の時にお父さんから教わったんだとか。

田臥勇太

田臥勇太さんの身長は173㎝。

田臥さんもかなり身長が低いイメージがありますが、富樫さんよりも6㎝身長が高いんですね。

田臥さんはバスケの超名門高である秋田県立能代工業高校出身です。

高校生の時から天才と呼ばれていました。

1年生からスタメン入りしていましたので今高校野球で騒がれている怪物清宮選手みたいな存在だったんでしょうね。

大学はハワイにあるブリガムヤング大学に留学。

ハワイでは「日本のジョーダン」と言われていてMVPにも輝いている。

その後日本人初のNBA選手になるという快挙も成し遂げていますね。

どっちが天才?

どちらも天才なんだと思いますが同じガードのポジションで田臥選手がオーソドックスなガードのタイプとするなら富樫選手は超攻撃型のガード。

得点能力から見れば富樫さんに軍配があがるのかな。

田臥選手はパスに特化した選手に対し富樫選手は3ポイントシュートも決めることが出来るし、とにかくスピードがあるので高速ドリブルからのカットインそしてフローターシュートでも決めることが出来る選手で見ていて楽しいしワクワクするプレーヤーなんです。




 

従来のガードは点数を取ることよりもチームをまとめて他の選手に良いパスを回して得点させるといういわば司令塔の役割をするというものでした。

富樫選手はそのガードの概念を覆したのだ。

自分で決めに行く超攻撃型ガードとして3ポイントシュートもリーグで最多の567本と。

3ポイントで相手を倒す戦い方は今NBAでも理想的な戦い方とされているんです!!

それを富樫選手は実践している。

だから面白い。

髪型がオシャレ

富樫勇樹選手はプレーでもファンを魅了していますが髪型もファンの間では大人気で富樫選手の髪型を真似している男性も多くみられます。

その髪型はツーブロックの七三なんですがただの七三ではなくオシャレ七三、またはネオ七三と言われているものです。

バスケットの選手でこの髪型をしているのは珍しいですね。

サッカー選手では槙野智章選手がしている髪型がこの髪型ですね。

三代目JSBにもいそうな感じの髪型でもありますね。

ツーブロックは大体6ミリのバリカンを使っていると思います。

七三分けにした後には「グリース」か「ワックス」を使って仕上げはスパーハードスプレーを使っているはずです。

サッカーもバスケもそうですが激しく動き回るスポーツですから髪型が乱れないこの髪型はある意味理にかなっていると言えますね。

汗も大量にかくのでツーブロックで刈り上げるのが楽なのかもしれません。

「スラムダンク」で言うとツーブロックという点では似た髪型をしているんのは宮城リョータと山王のエース沢北でしょう。

沢北はオシャレ坊主のツーブロックですね。




 

人生初のダンクシュート

Bリーグのオールスター戦で富樫選手は人生初のダンクシュートを決めています。

167㎝の身長ですからダンクシュートは夢だったんでしょうね。

一人でのダンクシュートではありませんがJBとアイコンタクトで「やるぞ」の合図をしたそうです。

オールスター戦ならではのプレーですね。

オールスターゲームはお祭り的な要素がありますから相手チームのディフェンスも力を抜きます。

他の選手もダンクを決めたり華麗なプレーで観客を喜ばせるためにあえてプレッシャーはかけないんです。

野球のオールスターでも勿論勝つことには多少はこだわりますが、お祭りですから直球勝負でいってみたり、イチロー選手がオリックス時代に仰木監督のはからいでピッチャやったりと言った感じです。

二人でやったとは言え人生初のダンクシュート。

気持ち良かったでしょうね!!

いがちゃんの見解

富樫選手の様な小さな選手が大きな選手のディフェンスをかいくぐりシュートを決める姿は見ていてスカッとするし気持ち良いんですよね。

Bリーグは昨年の9月に開幕していますのでまだ1年も経ってはいませんがサッカーのJリーグの様に認知されていってほしいですね。

NBAでプレーした日本人はまだガードポジションの二人のみですが桜木花道の様な身長の高い選手がNBAでプレーする時代もそう遠くはないんじゃないでしょうか。

これからも富樫勇樹さんを応援していきたいです。

ということで今日のテーマは千葉ジェッツ富樫勇樹と田臥勇太どっちが天才?髪型が七三分けの理由でした。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です