可愛い悠仁さまは発達障害?

芸能人のゴシップニュースをまとめているいがちゃんです。

今日のテーマは可愛い悠仁さまは発達障害?です。


 

東大に入学!?

紀子さまが、悠仁さまを東大に入れたいのではないかという噂が広まっています。

これまでは皇族の子女はこれまでの慣例の沿って皇族の学校として歴史が深い学習院幼稚園に入学後、エスカレーター方式で学習院大学へという流れでしたが、まず紀子さまは幼稚園に学習院幼稚園を選ばずに悠仁さまをお茶の水女子大学付属幼稚園を選んでいます。

理由は紀子さまがお茶の水の養育環境や理念に共感して宮内庁の反対を押し切り入園させています。

教育熱心な保護者が多いことでも有名な学校なので進路について話す機会も多いとのことだが、悠仁さまがもし東大を受験するとなると9年後のことになるが、本気なら今から準備するのは早すぎることではない。

むしろ今から準備しないと遅いくらいだろう。

そして関係者が言うには最近紀子さまが「東大」というという言葉をよく発せられるというのだ。

もっと具体的に言えば「東大の理Ⅱはすばらしい」といった具合です。

佳子さまも学習院大学ではなくICU(国際基督教大学)に入学したことを考えれば、もはや学習院大学に行かせることは念頭にはないのかもしれません。

仮に悠仁さまが東大に合格すれば皇族初の東大生誕生となります。

9年後が楽しみですね。

また今年の5月21日にはお茶の水大学付属小学校で運動会があり2年ぶりに報道陣に公開され元気な姿を見せました。

「台風の目」という種目に出場されました。

4人一組で1本の竹の棒を持って走る競技で悠仁さまのチームの黄色組は2位だった。

母親の紀子さまと姉の眞子さまが応援に来ていて一般の人たちと一緒に笑顔で応援している姿はほほえましかったです。

昼休みには他の家族とともにブルーシートを敷いて昼ごはんを食べたということです。

かなりオープンですよね(笑)

一緒に食べれた一般人の家族は一生忘れられない思い出になるでしょうね。

紀子さまのこういった気さくでフレンドリーなところは好感が持てますよね。




 

佳子さまフィーバー

悠仁さまは秋篠宮文仁親王と同妃紀子の間に生まれた第一男子です。

かわいいし将来はイケメンになる雰囲気がありますね。

姉には眞子さまそして今フィーバーを巻き起こしている佳子さまがいます。

佳子さまは10月24日・25日に開催されたICUの学園祭に出たかったらしいですが母親の紀子さまに反対され断念された様子。

これまでにも服装において肩出しのものやタンクトップなどで皇室としてセクシーな服装だと話題になりましたがそれにつて母親の紀子さまにきつく怒られたらしく、門限についても厳しい条件が出されていて口論になったとか。

門限って何時なんでしょうかね?

普通の女子大生の門限で考えると12時くらいかな?

でも今はほとんど門限なんてない大学生が多いですからね。

一人暮らしだと関係なくなってきますから。

皇室だと10時くらいなのかな、それ以降の時間で写真に撮られたら問題になるでしょうからね。

佳子さまは自分の短所を父と同じく気が短いと語っていましたが、もし皇族じゃなかったら怒られるような内容ではないので少しこの毒な感じもしますね。

学園祭といえば出店を出すのにみんなで準備をしたり当日料理したりほかのサークルのイベント見たり新しい仲間を作ったりでわくわくするお祭りみたいなものですが佳子さまのように活発で明るい女性は出たくて出たくてしょうがなかったでしょうね。

この件も以前からの服装の件もあり祖父の美智子さまもあまりにマスコミに取り上げられそのフィーバーぶりもあり学園祭でなにかのトラブルがあったら…ということで紀子と話し合いの場を設け学園祭は出ないことになったみたいですね。

入学当初からダンスサークルに入ると言っていた件もおそらく反対はされたと思いますが最終的にはサークルには入るけど表舞台には立たないことでおさまった様子です。

これは正解かもしれませんね。

ダンスやる時ってどうしてもそれっぽい服装になりますから表舞台に立ったらそれこそ大騒ぎになって収集つかなくなる可能性が高いですからね。

サークルは創立15年の100人以上いる大きなサークルでヒップホップ系の激しいものからセクシー系のダンスまでやる幅広いところなんです。

マスコミ以外にもカメラ小僧が押しかけてそれっぽい写真を投稿したりいろいろな問題がでてくるでしょうから。

紀子様がなんでこんなにナーバスになられているかというと学習院大の時にコンパに参加した佳子さまですが歌舞伎町の大衆居酒屋でコンパが終わった後に出たところを写真に撮られています。

そのことがあったのでICUでもサークルは禁止よとなったんじゃないかと思います。

佳子様は髪型においても注意を受けていて制限されているのでいまテレビで出てる髪型じゃなくもっとしてみたいスタイルがあるんでしょうね。

どんな髪型がしたいのか知りたいですね〜〜

今の髪形も似合っていて可愛らしいですよね。

あの髪型を真似ている女子もかなりいますからね。

もう一人のお姉さん眞子様は9月に1年留学されていたレスター大学から帰国されてご公務に忙しい様子ですが歳は24歳ですのでもう結婚も意識されているお年頃になられていますがお目当ての男性はいない様子です。

お母様の紀子さまが結婚なさったのは19歳ですから眞子さまも佳子さまもすでにその歳を越えてますから眞子様に関しては紀子さまも少し心配なさって関係者に相談したこともあったようです。

佳子さまはまだまだ遊びたい盛りで恋もいろいろ経験したいし、ダンスもやりたいしやりたいことが沢山ありすぎて結婚という意識はまだ全くない感じですね。

仮に結婚相手が見つかったとしてもまたひと悶着ありそうですね〜

相手の男性が皇室史上初の〜とかいう見出しがつきそうですね。

もちろんお母様は反対されるのでしょうけどお父様はダンススクールの件も賛成してくれたそうなのでお父様に期待するしかないですね。

佳子さまは、いろいろな話題を提供してくれて面白いですよね。

普通の女の子感覚なので共感が持てますよね。

しきたりや形式にとらわれない発想で今後も突き進んでもらいたいものです。

レスター大学では博物館学を学んできたようですね。

眞子様はもうすでに就職先が決まっているらしく本人の希望で博物館学を学んでいるくらい芸術や美術に深い興味があるので就職先は都内の博物館だと言われています。

もし博物館に就職となったらその博物館に行けばあえるのでしょうかね?

それはそれでまた博物館の集客が望めますもんね。

ICUの授業は厳しいことで有名で英語の授業の数がかなりあるのでこれをこなすのも大変ですがその上にご公務がありますし悠仁さまの面倒もみてるといいますからかなりのハードスケジュールをこなしてることになります。




 

悠仁さま発達障害のうわさ

悠仁さまは日本の皇族としては史上初めて帝王切開で生まれています。

そして皇室としてはお父さんの秋篠宮文仁親王以来41年ぶりの男子で、皇族男子が不足していたことから皇位継承問題が浮かび上がっていましたがひとまず安心という感じでしょう。確かに女系天皇を取り入れるべきかという議論が一時期テレビでやっていました。

そんなことで男子が不足しているなか待望の男子が生まれたわけですが、帝王切開で体重も少なかったせいもあるのか悠仁さまは発達障害なのではないかという、うわさが出てきています。

原因は脳機能(認知)です。

親の育て方やしつけが原因でもなく、精神疾患でもありません。

認知機能に障害が起こる主な原因としては遺伝的要素と環境要素の2つがあります。

遺伝的要素の可能性もありますよね。また環境的な要素の可能性も大いにあります。

皇室の内部ってあまり公にはされにくいですからわかりにくいですが、やはり特別な所で美智子さまの時も雅子様の時もそうでしたが民間から嫁いだ場合かなりのストレスがかかります。まとめてしまうと「いじめ」ですよね。

少なからずそれは紀子さまにも当てはまることで、そういった環境での要素も見逃せない所のような気がします。

悠仁さまが発達障害といわれるようになったきっかけは補聴器をつけていたということのようです。

その写真がこちら

肌色の補聴器なので非常にわかりにくいですね。付けているようにも見えるし付けていないようにも見えます。

補聴器というとイメージ的に高齢者がつけているイメージがありますけど悠仁さまのように子どものころからというケースもあるみたいですね。

悠仁さまが幼少期の難聴になっているとすればコミュニケーションにも影響が出てくる可能性はあります。

音を聞くことができないと真似をすることができませんので言葉を発することも困難になります。

悠仁さまは現在お茶の水大学付属小学校に在籍していますがテレビの露出が極端に少ないのもそういったうわさが流れる原因になっています。

悠仁さまが小学校2年生の時にようやく運動会の様子が報道されました。その時の写真がこちら。

この時も周りの子供たちと比べて悠仁さまの体が異常に小さいことから発達障害なのではないかという噂が広がりました。

小学校の時って確かに個人差が激しいので、でかい奴と小さいやつの差がありますよね。でも小学校の時に小さかった奴が高校生で急に背が高くなって180cmくらいになるパターンってけっこうあります。

私は小学校の時は背が高いほうでしたが高校生で抜かれてしまう方でした(笑)

そもそも悠仁さまがなぜお茶の水大学付属小学校に行ったかというと学習院での愛子さまの「いじめ問題」があり、学習院が皇族こ子供に対して特別扱いをするようになったのを両親(両親ともに学習院)が嘆き、悠仁さまをお茶の水大学付属小学校に行かせたようです。

ただ悠仁さまお茶の水大学付属小学校で皮肉にも「いじめ」にあっているとのうわさがあり、紀子さまがお茶の水大学付属小学校側に相談したと言われています。

いじめの原因は悠仁さまのしゃべり方にあるみたいで学習院であれば皇族独特の一般の子供が使わないようなしゃべり方であってもそんなには浮かないと思いますがお茶の水大学付属では一般の子供がほとんどなので悠仁さまのしゃべり方が珍しく「なんか変」ってなっちゃったんでしょうね。

ちなみに愛子さまも発達障害なのではないかといううわさがあります。

お母様の雅子さま適応障害で一時期一切の公務に出てこられなかったことは有名ですよね。

愛子様がなぜそう言われているかというと学習院で遅刻や欠席が多いことや、小さい時からあまり笑わないということや、コミュニケーションが苦手で声を出さずにただうなずくでけだったり、首を振ることしかしなかったり、挨拶やお辞儀ができないと言われています。

「いじめ」のうわさが本当だとすれば学校にも行きたくなくなるし遅刻もしがちになりますよね。

いじめによるストレスでしゃべることが困難になったり人と接すること自体がしんどくなりますからしゃべっている印象がなくてそういったうわさが流れたのかもしれません。

そう考えると悠仁さまにも同じことが言えるかもしれません。

お茶の水大学付属小学校でいじめにあい、そのストレスにより周囲とのコミュニケーションが取れず人ともあまりしゃべらないことから言われている可能性もありますよね。

ただ海外の皇室では発達障害に関しては隠そうとはせずにわりとオープンです。

皇后陛下がベルギーの王室を葬儀に参列をするために訪れていますがベルギーのフィリップ王とマティルド王妃の次男が発達障害で特別療育を受けていることは国民には知れ渡っていますし国民もそれを自然に受け入れているといった感じです。

イギリスの王室でも発達障害で悩ませた王子がいました。

「英国王のスピーチ」という映画はご存知でしょうか?

吃音(きつおん)であったジョージ6世は人前で演説しなければいけない立場になってしまった。

兄のエドワード8世が即位するがアメリカ人の女性と結婚するために王位を返上。

そこでジョージ6世が王位継承するが吃音のため最初はスピーチを失敗していましたが言語療法士ライオネル・ローグとの出会いで吃音を乗り越え「世紀のスピーチ」に挑むこととなります。

ナチスドイツとの開戦直前国民は王の言葉を待ち望んでいました。

不安に揺らぐ国民に対して9分半の戦争演説を見事成功させイギリス国王として歴史に名を残すこととなる。

ジョージ6世の弟であるジョニーは13歳でこの世を去っていますが幼少期に「てんかん」と脳の発達障害を持っていた王子です。

映画「ロスト・プリンス〜悲劇の英国プリンス物語〜」にはイメージを大事にする王室によって、その存在を隠されて両親・兄弟も含めて外界とのやり取りを一切取らせてもらえない不遇のプリンセスとして描かれています。

このように過去をみても発達障害は決して珍しいものではないです。

日本の場合メディアがこぞって取り上げてしまうためなかなか悠仁さまにとってはあまり良い環境ではないかもしれません。

悠仁さまのお姉さん佳子さまが先月の22日に鳥取県米子市で開かれた「全国高校生手話パフォーマンス甲子園に開会式で3分にわたり手話で挨拶されたのは記憶に新しいですよね。

佳子さまは自ら手話を使い「手話に対する理解と聴覚に障害がある方々に対する理解が一層深まるとともにこの大会が素晴らしい思い出となりますことを願います」「全員が楽しみながらこれまでの成果を十分に発揮することのできる舞台となりますことを期待しております」とあいさつ。

3分間の挨拶すべて見ましたが表情や動きが素晴らしかったですよね。

手話であれだけのインパクトを与えたのはドラマ「星の金貨」での酒井法子さん以来じゃないでしょうか。

これをきっかけに手話に対しての関心が高まるんじゃないかなって思いました。

そして思ったのは悠仁さまの存在があっての佳子さまの手話なのかなってことです。

もしかしたら悠仁さまに対して使ってる!?

まあ考えすぎだとは思いますが・・・。

子供のころになる難聴もありますが大人になってからある日突然かかってしまう突発性難聴があります。

発達障害の芸能人

有名な芸能人だと歌手の浜崎あゆみさん、元ウインクの相田翔子さん、スガシカオさん、今は亡き中村勘九郎さんが突発性難聴を患っています。

今はおしゃれなキラキラな補聴器が出ており浜崎あゆみさんも使ったことでだいぶ補聴器も身近なイメージになってきています。

発達障害においては数多くの芸能人がカミングアウトしてます。

SEKAI NO OWARIのボーカル深瀬さんはパニック障害(発達障害)で精神病院に入院されてたこともあるそうです。

”ネガティブすぎるモデル”としてブレイクした栗原類さんは注意欠陥障害(ADD)と告白発達障害の一つ。

幕末の英雄坂本龍馬さんも発達障害の一つADHDであることは有名です。

世界的大企業アップルコンピュータの伝説的な創始者スティーブ・ジョブズも発達障害の一つADHD、アスペルガー症候群だったと言われています。

ハリウッドの大スター、トム・クルーズさんは字が読めない発達障害の一つ「失読症、難読症(ディスレクシア)」で学生の時それが原因で12年間で15回学校を変えたという話です。

意外にも発達障害を患っている人たちは天才肌の人たちや何かをやり遂げている人たちに多いです。

部分的には障害があってもそれを補う能力が備わりやすいのか?

ほかにも発達障害の有名人にはビル・ゲイツ エジソン レオナルドダヴィンチ  モーツァルト アインシュタイン  ケネディー大統領  スピルバーグ監督  ウォルト・ディズニー ウィル・スミス オーランド・ブル−ム 長嶋茂雄さん 山下清さんガクトさんがいます。

アインシュタインは3歳まで言葉を覚えなかったそうです。失読症で文字が左右反転したりしていたそうです。自閉症化アスペルガー症候群だったと言われています。

こうなってくると逆に発達障害を持ってたほうがよいのか?という錯覚に陥りそうですよね。

いずれにせよ病気ではありませんので悠仁さまの今噂されているものというのはすべてが全く根拠がないというものではないですが時間の経過とともに忘れ去られていくものだと思います。

もう少し大人になったら佳子さまのように悠仁さまも日本中に大フィーバーを巻き起こしてほしいですよね。




 

ということで今日のテーマは可愛い悠仁さまは発達障害?でした。です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です