愛子さま激やせの原因は佳子さま?キャサリン妃もなった拒食症

芸能人のゴシップニュースをまとめているいがちゃんです。

今日のテーマは愛子さま激やせの原因は佳子さま?キャサリン妃もなった拒食症

2017年2月23日は皇太子さまの57歳の誕生日だ。

普通なら年に一回くるものでそうか皇太子さまももう57歳になられたんだなぁで終わっているところなのですが、今回は違う。

愛子さまの写真を見た時に愛子さまってこんなに痩せていたっけ?と思ってしまい過去の写真を確認してみました。

下の写真は皇太子さまの57歳の誕生日の時の家族写真です。

愛子さまが以前の愛子さまではなくなっているのが分かりますよね?

お痩せになられたというレベルじゃないですよね。

激やせと言っていいと思います。

この時の体重はなんと37キロといいますから、かなり深刻な状況と言えるでしょう。

皇太子さまの55歳の誕生日の時の家族写真がこちら。

2年前の写真ということになりますがこの頃はふっくらとされていますよね。

18キロ減と言われていますがそれ以上減っているように見えますね。

顔の輪郭が激変していて顎がとがっているのが目立ちます。

白いカーディガンを着ていますが、明らかに肉が無くなっていて骨ばっているのがはっきりと分かります。

皇太子さまの誕生日の時の家族写真は毎年恒例になっていますが、今回だけは愛子さまの激やせぶりに宮内庁内部で写真を公開させるべきではないのではないかという異例の議論が起こったという。

報道陣にも皇太子さまの誕生日なので愛子さまだけをアップで使用するのは避けてほしいという旨を伝えている。

いったい愛子さまに何があったんでしょうか?




 

激やせの原因は佳子さま?

愛子さまの身長は164cmなので体重が37㎏というのはやはり尋常ではないです。

激やせのきっかけとなったのは過度な炭水化物抜きダイエットです。

今年中学を卒業されて高校生になった愛子さま。

思春期の女子ならではの「綺麗になりたい」というお気持ちから「痩せたい」というごく当たり前のことからくるものと考えられます。

それはそうですよね皇族である愛子さまは全国民から注目を集める存在。

「ご公務」ではテレビに映ることもありますから、髪型・服装などにも気をつかうお年頃ですものね。

ご公務の時に一般の人たちから「愛子さまキレイ、カワイイ」という声をかけられていますのでより一層「綺麗になりたい」と思うのは自然なことですよね。

そういう気持ちの中でやはり比較されてしまうのが一番身近な皇族である佳子さまです。

佳子さまフィーバーという現象が起こりましたが当然愛子さまもその報道を観てるわけです。

少し年上の自分と同じ皇族である佳子さまがあれだけ世間で騒がれているのを見れば「私も同じように注目を浴びたい!」

佳子さまの様におしゃれもしたいし髪型もかわいいスタイルにしたいという思いはあるでしょうし対抗意識ももちろんありますからそう言ったことも原因の一つと言えるでしょうね。

佳子さまの私服は確かにおしゃれですよね。

下の写真は大学の校内での写真と思われます。

ホントにおしゃれですよね!!

今までの皇族のイメージを覆したと言っても過言ではないです。

普通の女子大生のレベルを通り越してモデル並みのおしゃれ度です。

スタイルも良く歩き姿がモデルっぽいですね。

佳子さまは髪の毛も少し脱色してますしヘアスタイルもゆるくパーマもかけています。

もしかしたらコテで巻いているだけかもしれないですが完全にモテ女子が好んでしているスタイルです。

愛子さまも今年4月から学習院女子高等科に入学されましたが中高一貫教育ですから高等科に行っても今までと環境的にはそんなには変わらないですが、高等科になると校則でパーマが許可されるようになります。

そして高等科になると異性とお付き合いする女子生徒も出てきますので、そういった意味では環境が変わると言っても良いかもしれません。

愛子さまも佳子さまに影響を受けて髪型を意識するようにはなる可能性は高いですよね。

佳子さまフィーバー以外にも今月の5月16日には眞子さまが婚約を発表。

眞子さまは妹の佳子さまと比べると控えめで地味なイメージがありましたが最近見違えるほどお綺麗になられていますよね。

恋する女性は綺麗になるっていうこともありますが、お相手の小室圭さんのイケメンで好青年っぷりも手伝いさらに株が上がりました。

愛子さまも相当意識されていると思いますし、「私もキレイでいなければならない」「私も将来的にはイケメンで好青年の相手を見つけないといけない」というプレッシャーは相当なものだと思います。

佳子さまもいずれはご結婚なさるでしょうからそうなったら更なる佳子さまフィーバーが日本中を席巻するでしょうからね。

愛子さまはお母さんの雅子さまに似ていて一度始めたことはストイックに最後までやり遂げないと気が済まないタイプで学業においても他の生徒に成績で劣っていると勉強に専念しすぎて体調を崩してしまったこともあるようですので負けず嫌いな面があるんでしょうね。




 

キャサリン妃もなった拒食症

イギリス王室のキャサリン妃も激やせして身長は176cmありますが40キロをきる体重になったという時期がありました。

その時の写真がこちら。


確かに見るからに痩せている感じはしますよね。

日本の皇族よりもさらにファッションとかヘアスタイルなどが世界的にブームになる程の影響力のあるキャサリン妃ですからそのプレッシャーは想像を絶するものだと思います。

キャサリン妃は2016年にもイギリス人が選ぶファッションアイコン第一位に選ばれている。

2010年にもアメリカ人が選ぶ最もスタイリッシュな髪型部門でも第一位にキャサリン妃が選ばれている。

これだけすべてのことに対して注目されてしまうと精神的にしんどいですよね。

キャサリン妃は「自分は完璧にならなければいけない」というプレッシャーに悩まされ、食べては吐くという拒食症の症状が続いたようだ。

キャサリン妃の夫であるウイリアム王子のお母さんダイアナ妃もダイアナカットという独自のショートスタイルが世界中で大流行したほどのカリスマでした。

世界で最もスタイリッシュなヘアスタイルと言われていました。

日本でも聖子ちゃんカットが流行りましたがおそらくダイアナカットをマネていたと思います。

ファッションもダイアナ妃が着ている服は全世界で同じような服が売れていたほどファッションアイコンでもありました。

そのダイアナ妃もやはり「綺麗でいなければいけない」「完璧じゃなければいけない」という思いからくる重度のプレッシャーから拒食症になっています。

今のキャサリン妃と全く同じ状況ですね。

拒食症はキャサリン妃やダイアナ妃の様に世間から注目を集める立場の人や自身の身体を売りにしている芸能関係やモデルの人が陥りやすい。

いがちゃんの見解

過度のダイエットは拒食症になるリスクがあるということですね。

ダイエット経験がある人はかなりの人数がいると思いますがほとんどの人が途中で挫折していますよね。

私もダイエット歴20年くらいになりますが一度も成功したことはありません(笑)

愛子さまのように真面目な性格でやろうと決めたら最後までやり遂げるというストイックな性格の方や負けず嫌いな性格は人は意志が固いのでダイエットの目標も難なくクリアしてしまいそれがどんどんエスカレートして過度のダイエットをしてしまう結果になってしまうのだと思います。

幸い愛子さまは回復傾向にあるということなので早く元気になってほしいですね。




 

ということで今日のテーマは愛子さま激やせの原因は佳子さま?キャサリン妃もなった拒食症でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です