染谷将太はイケメン?子供?

芸能人のゴシップニュースをまとめているいがちゃんです。

今日のテーマは染谷将太はイケメン?子供?です。




イケメン若手実力派俳優であり身長172cmサバ読みしていると噂されていて、元男闘呼組の高橋和也さんがお父さん!?と言われていてます。

菊地凛子さんと結婚している染谷将太さんですが才能豊かで個性的なところは菊地凛子さんに似ています。

菊地凛子さんとは11歳離れている年上女房です。

友人の紹介で知り合ったそうですが、初めて会った時に「家族になれる人」だと直感したそうです。

染谷将太さんは7歳で子役デビューしています。

子供の時もかなりかわいいイケメン顔してますね。

子供の時にブレイクした子役は大人になると売れなくなると言われていますが染谷さんは子供の時から現在に至るまで変わらず活躍している数少ない俳優さんです。

子供の時から天才子役と言われていてドラマ相棒では史上最年少で子供の犯人役として10歳の時に出演しています。

相当実力があったんでしょうね。

元男闘呼組の高橋和也さんとは本当によく似ていますよ。

高橋さんもイケメンですもんね。

高橋和也さんには6人の子供がいるそうなんですがその長男なんじゃないかとうわさがたったみたいですが、本人に確認したところ事実ではないとキッパリ。

染谷さんの本当のお父さんに「おまえ高橋和也っていう人の子供らしいな」って言われたらしいです。

面白いお父さんですね。お父さんもイケメンなのでしょうか?

身長

身長については172cmとなっていますが舞台挨拶、映画の制作発表の時での長澤まさみなどの女優さんと並んで写ってるもので比較したときにヒールを履いてることを考慮に入れたとしても172cmはないんじゃないかという疑惑が浮上。

真意はわかりませんが確かにそうも見えます。

映画「ヒミズ」でベネチア映画祭で、なんと!日本人初のマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞しました。

マルチェロ・マストロヤンニはイタリアの銀幕の大スターです。

いわゆる昔のイケメンです。

マルチェロ・マストロヤンニの代表作はフェリーニ監督の代表作でもある「甘い生活」です。

フランスで言ったらアラン・ドロン、日本だと加山雄三さんですかね!?

染谷将太さんの趣味の一つは映画観賞で映画が好きで俳優になったというくらいなのでマルチェロ・マストロヤンニは知っているかもしれません。

今でも年に300本〜400本観ているそうなのでかなりのマニアですよね。

尊敬する監督は園子温監督で、会いたくて中学生の頃から新宿のゴールデン街に通っていたそうです。

園子温さんというのもかなりマニアックですが中学の時から新宿のゴールデン街に通ってるというのもなかなかいないですよね(笑)




園子温と言えば最近では「新宿スワン」が話題となりましたね。

脱がせ&過激シーンがといえば園子温といわれるほどで鬼才と言われていますね。

そして19歳の時に園子温と出会います。

「ヒミズ」の監督は園子温です。

憧れの園子温の作品で日本人初の賞を受賞するとは運と実力を兼ね備えていますね。

これまでに映画54本、ドラマ56本と新人とは思えない本数をこなしてきてます。

今では映画、ドラマ界には欠かすことのできない俳優さんになっています。

しゃべくり007に橋本愛さんと一緒に出演していましたが、その時には自宅のリビングの写真が公開されたんですが、リビングには、なんと壁に2体の生首みたいのが飾ってある写真が・・・・。

染谷さんは特殊メイクや造形が好きで一体は貞子の3Dでもう一体はストロベリーナイトのものらしい。

まあ趣味で好きなのはわかるのですがリビングに飾るって相当ですよね(笑)

菊地凛子さんはその状況はありなんですかね?

クリームシチューの上田さんが橋本愛さんにもしあんたが奥さんならどうする?って聞いたら橋本さんは私の特殊メイクの顔を隣に飾りますねと答えていました。

理由は「悔しいから」とナイスな返答をしていましたね(笑)

マニアックな趣味として大日本プロレスのデスマッチを挙げてましたね。

デスマッチとはプロレスの試合方式で有名なものだと蛍光灯、有刺鉄線、カミソリ、剣山、電流爆破、チェーン、骨折デスマッチ・・・あげたらきりがないほどのデスマッチが存在してます。

大仁田厚さんの電流爆破デスマッチとかはテレビでも放映されてましたからご存知の方もいるかと思いますが、とにかく流血するので、「血を見るのが好きな人」にはおすすめなのかもしれませんが・・・。

染谷将太さんは間違いなく流血を見ることが好きなんでしょうね。

好きなレスラーは葛西純さんは「クレイジー・モンキー」と呼ばれている「ハードコアレスラー」として知られていますが、音楽で例えるなら普通のプロレスがロックなら葛西さんがやるプロレスはデスメタルでしょうね。

6mの高さのバルコニーからダイブしてボディープレスを決めたり割れた蛍光灯で自分の体を切り裂いたりとにかくクレイジーで過激すぎるパフォーマンスで熱狂的なファンが多いです。

ちなみにですがランシドのボーカルは葛西純さんの熱狂的なファンです。

バンドで来日以外でも試合を観戦するだけの目的で来日するほど好きみたいですね。

葛西選手の入場曲はカッコいいんです。

ココバットというバンドの曲ですね。

ここら辺の趣味を見ていると染谷将太さんが園子温さんが好きだというのもうなずけるし繋がるんですよね。

染谷将太さんは音楽の趣味も渋いです。

ビートルズやボブ・マーリーが好きみたいです。

部屋にはビートルズの写真を貼ってたり今はもうないですがさいたまスーパーアリーナにあったジョンレノンミュージアムに行ってたりとかなりマニアックなファンなんでしょうね。

あとはインストルメンタルな音楽も好きみたいですね。

部屋には電子ドラムもあるようでバンドでドラムをたたいていた時期もあるとのこと。

染谷将太さんはカメラも興味がありたくさんのレトロなものまで収集しています。

簡単に写真を撮れる時代ですが簡単に撮れないことやすぐに撮ったばかりのものを見れない楽しさがありファインダーから覗いて撮る写真のほうがいい写真が撮れるというこだわりがあるみたいで完全にはまっていますね。

私の知り合いのカメラマンもカメラのレンズの語りだすと話が止まらなくなり何時間でも話していられるくらいです。

レンズによって出来上がってくる写真の出来は全く違うらしいです。

今のレンズより70年代のレンズのほうが物は良いんだとか。

染谷将太さんは映画に必要な要素のものは全て興味があるんでしょうね。

これだけの凝り性で映画に対しての愛がある人なので監督をやったとしてもそこそこいい仕事しそうですよね。
将来は本当に考えているかもしれませんね。

悩みはというと、まつ毛が長すぎることみたいで目の裏にまつ毛が入り込んでそれをとるために病院に行ったことがあるそうです。

染谷将太さんの奥様は菊地凛子さんですが菊地凛子さんも染谷さんと同じかそれ以上の個性のある女優さんです。

ブラット・ピット主演の「バベル」で一躍有名になりました。

50年ぶりとなる日本人でアカデミー賞にノミネートされるという快挙を成し遂げたことで世間を驚かせましたね。

彼女は外国人タレント、アレッタ・フェデリーコさんと交際をしていた時期がありその時は結婚も考えていたそうですが分かれてその後「マルコヴィッチの穴」の監督スパイク・ジョーンズとお付き合い。

外人が好きなのかなと思いきや染谷さんとの結婚は意外でしたね〜

菊地凛子さんて外人とじゃないと釣り合いが取れないんじゃないかなって勝手に思ってましたがたまたまだったんですね。

外人と付き合ってニューヨークに住んでしかも映画に携わっている人物との交際ですから女優としてとても良い刺激を受けたと思うしアメリカで女優として食べていくことの厳しさも実感したんでしょうから、一回り大きくなって日本に帰国した感じですよね。

菊地凛子さんは村上春樹の小説を映画化した「ノルウェーの森」に出演しますが最初監督に「凛子はこの役にはマッチしてないから・・・」と言われたらしいのですが、菊地さんは監督に「やってみなければ合っているかどうかはわからない、お願いですからオーディションを受けさせてほしい」と頼み込んだ結果役をもらうことが出来たと語っていますが、そういう努力は苦になるどころか楽しんでやることができるらしい。新しいことをやることは怖いけどとりあえずやってみる。

そうすると新しい発見がありもう一つ上の段階に自分を連れて行ってくれるらしいです。

あきらめない、そうすれば道が開ける。

菊地さんらしい考え方ですね。

染谷将太さんは2014年に「寄生獣」という大ヒット映画の主役で出演しましたね。

特殊メイクと格闘技が趣味の染谷さんにはアクションシーンもてんこ盛りのこの映画は正に、はまり役なのではないでしょうか。

「寄生獣」の記念イベントにはまさかのアントニオ猪木さんがミギーを持って登場。

染谷さんは大のプロレスファンなのでこれはうれしかったでしょうね〜

そして恒例の「闘魂注入」。

アントニオ猪木さんが気合を入れるために平手のビンタ行ういわば儀式的なことなのですが、染谷さんとしてはガチでビンタされたかったんじゃないですかね?

染谷将太さんと菊地凛子さんにはまだ子供はいません。

菊地さんは結婚経験あるのかなって思っていたんですが初婚なんですね。

もしかしたらバツイチで子供がいるのかなって思っていましたが・・・。

そんなイメージがありますね。

来年には子供を授かりましたという報告があるかもしれませんね。

染谷さんも結婚を機にますます奥の深い演技に磨きがかかってくるかもしれませんね。

菊地さんも結婚を機にまた新しいことにチャレンジしていくと思います。

お二人の活躍を応援していきたいと思います。




ということで今日のテーマは 染谷将太はイケメン?子供?でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です