眞子さまの一時金は2億円!?都内にマンション購入か。

芸能人のゴシップニュースをまとめているいがちゃんです。

今日のテーマは眞子さまの一時金は2億円!?都内にマンション購入か。です。

眞子さまが5月16日に小室圭さんとの婚約を発表しましたね。

ビックリしました!

しかも5年の交際を経ての婚約ですからね。

佳子さまの方が先に結婚するんじゃないかと勝手に思っていただけに衝撃的なニュースでした。

眞子さまと小室圭さんは来年の2018年に結婚する予定です。




 

結婚後は一般人?名前は?

眞子さまは現在「皇室」の人間ですが小室圭さんと結婚すると「降嫁」ということになります。

「降嫁」とは皇族が皇族以外の者と結婚した際に皇族を離れるという意味です。

簡単に言うと一般人になるってことですね。

皇族には私たちの様に苗字がありません。

ですが小室圭さんと結婚となると「小室眞子」ということになりますね。

小室って名字がしっくりきていますよね~~。

上品な感じがして皇族の眞子さまにピッタリな苗字だと思います。

一般人の場合結婚してガラッと苗字が変わったりすることがありますので女性は慣れるまで時間がかかるんでしょうけど、眞子さまの場合はもともと苗字はないのでそこまでは違和感はないかもしれませんね。

一般人になるとこうなる

眞子さまは皇族であるうちは職業選択の自由はありませんから公務という国の仕事をこなさなければいけませんが結婚後はどんな職業に就いても自由ということになりますね。

ICU(国際基督教大学)では美術・文化財研究を専攻している。

美術と建築にはとても関心がある様でイギリスのエディンバラ大学の留学では美術史を学びレスター大学の留学では博物館学研究科に在籍していた。

眞子さまは大学の時に学芸員の資格も取得している。

学芸員とは博物館(美術館・天文台・科学館・動物園・水族館・植物園)の専門職員になる為の資格です。

ですからもし結婚されて職に就くとしたら美術館の職員は非常に可能性が高いと思います。

もしそうなったらその時は「小室眞子」として働くわけですから今よりも身近に接することが出来るかもしれないですね。

また眞子さまは運転免許を持っています。

皇族の場合は皇居内の道路に標識を立てて運転の練習をするんです。

路上教習も皇居の周りの一般道を護衛車を付けて練習。

免許は持っているけどおそらく運転する機会はあまりないと思います。

国内でドライブに出かけるとなるとそれこそ護衛車を3台から5台はつけないといけないでしょうから物々しいドライブになってしまいますからね。

結婚したらある程度は車の運転も今よりは出来る様になるからドライブやショッピングセンターにお買い物する姿も見れるかもしれませんね。

好きな歌手のコンサートや映画なども楽しめる様になりかなり自由度が増すことになるのではないでしょうか。




 

一時金は2億円?

皇族が結婚して一般人になるとき「一時金」と呼ばれるお金が支払われます。

「一時金」とは元皇族として品位を落とすような生活をされない様に支払われるお金です。

一般人と結婚して皇族を離れたケースは過去にもあり「黒田清子」さんと「千家典子」さんがいらっしゃいますね。

黒田清子さんは紀宮さまという方が馴染みがあるかもしれませんね。

東京都庁の職員である黒田慶樹さんと結婚して皇室から離れました。

その時の一時金は「1億5250万円」です。

千家典子さんのお相手は出雲大社の権宮司である千家国麿さんです。

権宮司は「ごんぐうじ」と読みます。

神社の長が「宮司」でその下が「権宮司」という職になります。

年収は400万円程度だと言われています。

千家典子さんが一時金として受け取った金額は「1億675万円」です。

では眞子さまが受け取る一時金はいくらになるのだろうか?

一時金の額は皇室経済会議によって決まります。

基準は何親等であるか、お相手の収入などを考慮して決まるみたいですね。

黒田清子さん 1億5250万円(1親等)

千家典子さん 1億675万円 (3親等)

眞子さまは今上天皇からみると2親等でまだ若いしお相手の小室圭さんのまだ収入も十分ではないことを考慮され予想では黒田清子さんと同額の1億5250万円であろうと言われています。

2億円となると1親等の黒田清子さんを超える金額となりますので考えにくい金額となります。

一時金は何に使われるのかというとほとんどが「警備費」なんです。

皇族を退くと言ってもやはり警備は必要。

皇族の時よりは警備体制は万全ではなくなりますが警備はつけなければいけない立場であることには変わりないですからね。

一時金の支払いの後は一切お金はもらえませんから80歳まで生きたとして75年間分の警備費用という計算だと決して余裕のある金額ではないです。

眞子さまの場合旦那様になる小室圭さんは今は法律事務所での事務員ですが将来的には語学力を活かした外交や国際企業のコンサルタントなどの職に就いたら年収は相当アップすると思いますので生活費の面での苦労はなさそうですね。

都内にマンション購入?

小室圭さんは現在港北区のマンションに住んでいますが結婚後はどこに引っ越しをするんでしょうかね?

まず条件的には警備がしやすいところということを考えると一軒家は考えにくいですよね。

となるとやはりマンションを購入するんじゃないかと考えられますね。

今は神奈川県ですが、都内の警備がしやすいマンションということになるでしょうね。

ちなみに黒田清子さんは目白ガーデンヒルズのペントハウスを購入するんじゃないかと噂になり内覧希望者が殺到したということがありましたが結局目白ガーデンヒルズには住まずに秋葉原近くにある高級マンションにお住まいという噂もありますし目白ガーデンヒルズのペントハウスに住んでいる可能性もあります。

目白ガーデンヒルズペントハウスは「億ション」と言われていています。

秋葉原のマンションはセキュリティーがしっかりしているマンションとして知られています。

私の予測ですとタワーレジデンストーキョーなのではないかと思っています。

セキュリティーから考えるとこのマンションしかないと思います。

おそらく高層階の2LDKあたりですかね。

中古物件で83平米で9800万円ですので当時で1億2000万くらいで購入したんじゃないですかね。

あくまで予測ですのでこのマンションかは不明ですけどね。

千家典子さんはご主人が出雲大社にお勤めされていますから出雲大社のすぐ近くの一軒家にお住いになられています。

東京ではないので一軒家でも大丈夫なんでしょうね。

眞子さまは都内のどこのマンションにお住いになるんでしょうかね?

気になるところです。

私なりに予想してみますね。

まずセキュリティーの問題上おそらく新築のマンションになるかと思います。

あとは治安の良い場所というのも重要ですよね。

眞子さまは美術館がお好きなのでそういう環境下の場所ということも踏まえて考えました。

治安の面でいくと千代田区・中央区ですかね。

港区では六本木はイメージ的にも治安の面でもないと思いますが白金、青山、広尾、麻布、赤坂あたりはあり得ますね。

トータルで考えると千代田区の高級マンションかな。

小室圭さんの法律事務所は東京駅のすぐ近くですし大学院の一橋大学大学院国際企業戦略研究科も千代田区にあり神保町が最寄り駅で治安がとにかく良いのでセキュリティーも問題なしですしね。

いがちゃんの見解

個人的には眞子さまイケメンの爽やかで真面目でエリートのハイスペックな「イイ男」を見つけたなって感じですよね。

来年結婚予定ですがしばらくは眞子さまフィーバーが続きそうですね。

経済評論家によると婚約から結婚までにもたらされる経済効果は500億円~1000億円と試算されている。

「眞子さま効果」で結婚するカップルも増えそうですね!!




 

ということで今日のテーマは眞子さまの一時金は2億円!?都内にマンション購入かでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です