YOSHIKI重大発表「ヘドバン」のしすぎでアーティストとして再起不能に?

芸能人のゴシップニュースをまとめているいがちゃんです。

今日のテーマはYOSHIKI重大発表「ヘドバン」のしすぎでアーティストとして再起不能に?
です。
5月16日にロサンゼルスの病院で首の緊急手術を受けるという重大発表をしたYOSHIKIさん。

以前から「頸椎椎間板ヘルニア」「頸椎椎間孔狭窄症」という首の病気になっているYOSHIKIさんだが今回の症状は思いのほか深刻でこのままではアーティストとして再起不能になる可能性があると医師から告げられての手術となる。

それどころか日常生活にも支障をきたす状況であるため緊急的に「人工椎間板置換手術」を行う。

YOSHIKIさんは常に腕に電流が走っている感覚だと語っている。

たまに肘(ひじ)をぶつけた時にビリって電流が走る感覚ありますよね?あれが常にあるということなんだと思います。




 

YOSHIKIさんといえば「ヘドバン」

「ヘドバン」とはヘッドバンギングのことでリズムに合わせて激しく頭を振る動作だ。

XJAPANでのYOSHIKIさんのドラムプレーは長い髪を振りかざす激しいヘドバンがトレードマークです。

そして演奏終了後にドラムセットを叩き壊すことでも有名ですね。

ドラム演奏後に良く倒れ込むことがありましたが、当時は私はそういう「パフォーマンス」なんだなって思っていたのですがあれはガチで倒れ込んでいたんだなって今振り返るとそう思いますね。

「ヘドバン」って見ている分にはカッコ良くてやっぱりヘドバンしなきゃメタルじゃない的なこともありがあの動きは相当首に負担が掛かっています。

10分続けてやるだけでも相当きついですよ。

でもYOSHIKIさんはそれをライブの2時間をぶっ続けでやりますからまさに命がけでやっていたことになります。

ヘドバンが原因で身体的なダメージを受けているアーティストはYOSHIKIさんだけではありません。

スラッシュメタルの雄スレイヤーのベース兼ボーカルのトム・アラヤはヘドバンによるダメージで一時期引退かと騒がれたことがありましたがその後はライブではヘドバンを控えている。

エヴァネッセンスのギタリストのテリー・バルサモが脳梗塞になったのは噂ではヘドバンが原因だと言われています。

YOSHKIさんがドラムプレイの後に倒れ込んでいたのは疲れというよりはヘドバンにのやりすぎで朦朧とした状態になっていたんでしょうね。

首にコルセットをしてドラムを叩いてた時もありましたから以前から深刻な状態だったんでしょうね。

YOSHIKIのドラムプレー

YOSHIKIさんのドラムはレッド・ツェッペリンのジョン・ボーナムやKISSのピーター・クリスに影響を受けている。




 

ロックに目覚めたきっかけはKISSのライブで今の自分があるのはキッスのおかげだと語っている。

激しくたたきつけるようなドラムプレイがヘドバンと共に首に負担が掛かっているんだと思いますが、破壊的なドラミングが好きだというYOSHIKIさん。

良く彼のプレイをパフォーマンス重視で無駄な叩き方をしていると言われることがありますが本人曰く無駄な叩き方は一切していない。

基本的に一番大きな音、一番強烈で、攻撃的な音が出るような動きで常に思い切りたたくんだと言っていますね。

ライブの時に良くみる透明の「クリスタルドラム」はほとんど鳴らない(音が出にくい)。

あえて音がなりにくい「クリスタルドラム」を使って攻撃的な叩き方をしているということなんです。

ライブでは「全力で叩いているところを見せたい」というポリシーがある。

レコーディングの時は透明のドラムではなく胴体がチタンで出来ているドラムを使っている。

激しく叩かなくても音が鳴るし「楽」とのこと。

ライブの時とレコーディングの時は叩き方が違うんですね。

つまり「軽く叩こうと思えば出来る」ってこと。

「YOSHIKIはドラムが下手」という人がいますが、実はあえてやっていたことなんですね。

手術が成功することを祈るばかりですが、復帰後はヘドバンを封印してドラミングもスタジオでやっているようなプレイスタイルに変える可能性が高いです。

ヘドバンしてなきゃYOSHIKIじゃないという人もいるんでしょうが体にかかる負担を考えると無理はして欲しくはないですよね。

逆に普通のドラミングも見てみたい。

普通に叩いているYOSHIKIさんもおそらくものすごくカッコいいはずです。

いがちゃんの見解

日本の音楽界のカリスマ、ロック界の至宝という表現がピッタリハマるバンド、X JAPN。

KISSのジーン・シモンズもX JAPANがもしイギリスやアメリカのバンドだったら間違いなく世界一のバンドになっていただろうとコメントしている。

この手術により7月から予定されていたワールドツアーも微妙になってきた。

本人は必ず7月のツアーはやりたいと思っているとは言っているものの術後の経過次第ではツアー中止という事態も起こりかねない状況です。




 

となるとウドー音楽事務所は経営が傾きかけるほどの損害が発生するという。

最悪YOSHIKIさんにはピアノのみで参加してもらいライブはアンプラグドでやる方向も考えているらしい。

XJAPANのアンプラグドも見てみたい気がしますけど・・・。

ファンとしてはやっぱりあのドラミングが見たいんですよね。

完全復帰してほしいですね。

ということで今日のテーマはYOSHIKI重大発表「ヘドバン」のしすぎでアーティストとして再起不能に?でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です